中学生の頃からニキビに悩まされてきました。

ニキビが初めて出来たのは中学生くらいの頃でした。おでこの髪の毛の生え際あたりに大きなニキビと、その周りに小さいニキビがぷつぷつ出てきて、とても戸惑ったことを覚えています。

元々脂性だったこともあって、なかなかニキビが治らず逆にどんどん広がっていくばかり。
幸いおでこ以外の部分にはほとんどできなかったため髪の毛で隠していれば普段は見えないのが救いでしたが「髪の毛が触れると汚れてしまって悪化する」という話を聞き、家ではピンで前髪を上げるようにするなど対策をしていました。

周りの大人に相談してみても、ニキビができるのは若い証拠、その内治るよなどとアドバイスされるばかり。
高校生になり、段々と脂性の肌が改善されて減ってきたもののニキビが完全になくなったわけではなく、まだ悩み続けていました。

おしゃれに気を遣い始めるお年頃で、対策として行っていたことは、脂っぽい食べ物を避ける、睡眠をしっかりとる、脂性対策を謳っている乳液を使用する。などですが、何の対策もしていなかった頃に比べてかなり改善され、段々とニキビは減っていきました。

大人になった今も時々ニキビが出ることがありますが、睡眠不足や偏った食生活のサインとして表れているのだと知ってからは、ニキビが出来たら体調に気を遣おう。と意識を変え、その都度対策を行うことにしています。

大人ニキビ洗顔が効果が高いので、選んでから買うようにしています。